ライブやコンサートのチケットを入手したら気になるのは座席でしょう。大きな会場になると自分の座席からステージがどのように見えるのか?距離はどれくらいなのか?こちらでは東京ドーム、京セラドーム、札幌ドーム、西武ドーム、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドームはもちろん。さいたまスーパーアリーナを始め全国主要アリーナの座席をスマホ対応で詳細な座席表と解説で詳しく知ることができます。

アリーナ席について


ライブを行うアーティストによって
その都度変わる武道館のアリーナ席について
詳しく解説します。

アリーナの座席について

アリーナの座席をチケットで見ると
ブロックと列、番号に分かれる。

但し、武道館の場合は列の表記がない場合もあるので
順に説明していきます。

ブロックについて

武道館のアリーナブロック分けには
いくつかのパターンがあります。

アルファベット 通しパターン

アルファベット
通しパターン

ブロック名が変わっても
アリーナ座席のブロック配置は基本的に同じ形なので
しっかり理解して座席を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

パターン1 アルファベット通し

下の座席表のように
アルファベットのみでブロック分けする場合

通常チケットには『○ブロック ○番』と
アルファベットのブロック名と
ブロックごとの座席番号の通し番号がつき
列番号は記載されていない。

武道館  アリーナ パターン1

武道館 
アリーナ
パターン1

上の座席表で説明すると
ステージ側からA~Iブロックが前列
真ん中のJ~Rブロック、後方のS~Yのように分けられます。

チケットの○ブロックの部分は
通常、Aブロックのように記載されていますが、
稀にA列と、列で記載されている場合もあります。
この場合の列とはブロックのことなので
勘違いしないように気をつけましょう。

また、ブロックの横の数も変動するので
必ず9列とも限りません。

もちろん縦の数
3ブロック分割ではなく2分割の場合もありますので
参考程度にでしか予想はできません。

アリーナのブロックにおいても
スタンド同様IとQブロックがないこともあります。

これは、数字の1と0と間違わないためで
IとQブロックがあるか無いかで
ブロックの位置が大きく変わってしまうこともあるので注意。

上の座席表で右側前方であるI列にJ列が来る可能性もあるので
J列で左側だと思っていたら右側なんてこともあり
こればかりは当日にならないとわからないので注意が必要である。

パターン2 アルファベットに数字A

縦に3ブロック以上に分割される場合によく使われる
このアルファベット+数字というブロック割りパターン。

武道館 アリーナ パターン2

武道館
アリーナ
パターン2

横のブロックの数も9以上になることもあり注意しなければなりません。

 

パターン2 アルファベットに数字B

こちらも縦に3ブロック以上に分割される場合によく使われる
アルファベット+数字というブロック割りパターン

武道館 アリーナ パターン3

武道館
アリーナ
パターン3

先ほどのパターン2のブロックとの違いは
アルファベットをを横に割り振った形。

この形だとDブロック以降の座席が当たれば
容易に判別がつくので一番わかりやすいのだが。

この3パターン以外にも希に
ブロック分けせず○列○番と列と番号のみで表記されている場合や

オールスタンディングの場合、センターステージの場合などのブロック分けは
当日にならないと判断できない場合がある。

参考にセンターステージ時の座席表を載せておきます。

センターステージ座席表

センターステージ座席表

スポンサードリンク

席番号について

武道館でのアリーナ席の座席は
通常、ブロックごとに横にパイプ椅子を8個ずつ並べ
ステージに近いほうの向かって左側から
1~8番が1列目というように13列目まで列と番号で表記される
ブロック別通し番号。

ブロック別 通し番号

ブロック別
通し番号

1~8番が1列目
9~16番が2列目といったように後方に向けて
最後列が13列の場合なら下の図のような
ブロック別 列、席番号のパターンに分かれる。

ブロック別 列・席番号

ブロック別
列・席番号

もちろんアーティストによりブロックの数によって
横も8、10、12席とバラバラ
縦も13列とは限らず増減があり毎回同じではない。

スタンド席の詳しい解説と詳細座席表はこちら

スポンサードリンク

その他の会場

その他の会場

  • facebook
  • twitter
Copyright © 座席表ねっと。 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.