ライブやコンサートのチケットを入手したら気になるのは座席でしょう。大きな会場になると自分の座席からステージがどのように見えるのか?距離はどれくらいなのか?こちらでは東京ドーム、京セラドーム、札幌ドーム、西武ドーム、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドームはもちろん。さいたまスーパーアリーナを始め全国主要アリーナの座席をスマホ対応で詳細な座席表と解説で詳しく知ることができます。

日本ガイシホールについて


座席の種類について

日本ガイシホールでは
一般的にアリーナ席、スタンド席の2種類の座席がある。

ライブによってはスタンド席のDとFの前方にブリージア席という
アリーナとスタンドの中間の横浜アリーナでいう
アリーナ席のような席が可動で設置される場合がある。

ガイシホールの座席種類

ガイシホールの座席種類

スポンサードリンク

アリーナ席

アリーナとはホールの1階の床の部分。

基本的に横に12席、縦に15席の椅子を並べた
1ブロック(1ブロック辺りの座席数は約150席~180席)を
横に7ブロック、縦は4ブロック(ブリージアがある場合は3ブロック)
で構成されます。

アリーナブロック分け

アリーナブロック分け

上の図ではブリージア席があるので縦にCブロックまでしかありませんが
ブリージア席がない場合では基本的に下の座席表のように
Dブロック(ステージから縦に4ブロック)になります。

アリーナ 列番表記 通し番号座席表

アリーナ
列番表記
通し番号座席表

チケットには
アルファベットと数字でブロック分けされた
ブロック別表記
ステージから順番に1列、2列、3列と増える列番号と
ステージに向かって左から1番、2番、3番と増える番号を組合せた
列番表記の2パターンがあります。

列番表記のアリーナ座席表は
上の図を参考にしてください。
縦の赤い数字が番号、横の黒い数字が列番号になります。

また、アーティストによってステージの構成が毎回変わるため
花道やサブステージが設置されると
ブロックの数も変動するので気をつけてください。

ブロック表記の場合の座席表で
様々なパターンをコチラでまとめました。

日本ガイシ アリーナ座席表

スタンド席

日本ガイシホールのスタンド席は
2階、3階、4階の3高層に分かれています。

日本ガイシ全体図

日本ガイシ全体図

ステージはセンターステージなどの場合を除き
スタンドのMブロック側に作られるので
基本的にスタンド席のアルファベットは
ステージに近いほうから左右にPブロック、Jブロック
ステージ正面のEブロックが一番ステージから遠い座席になります。

ステージ構成や客入りが悪い時などは
A、Iブロックから始まる場合も有ります。

ブリージア席のない場合のスタンド席の最前列は11列目からで
4階席があるA、Iブロックでは最後列は33列目になります。

ちなみにSブロックはボックス席でコンサート時でも解放されます。

スタンド席の詳細座席表はこちらへ

スポンサードリンク

ブリージア席

聞きなれないブリージア席ですが
冒頭でも説明した通りアリーナとスタンドの間にできる可動敷の座席。
通常使用されるスタンド席よりも前方なので列番号は1~10列となり
チケットにその列番号が書かれていればブリージア席になります。

ただしセンターステージなどの場合を除いては
基本的にはDブロックとFブロックでしか使われません。

詳細座席表はこちらへ

立見席

立見席には
南立見(スタンドA側)と北立見(スタンドI側)があります。
各ブロックの最高列の後ろの通路が立ち見エリアになります。

スポンサードリンク

その他の会場

その他の会場

  • facebook
  • twitter
Copyright © 座席表ねっと。 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.